サンドウィッチ・ライター葉桜のブログ

サンドウィッチ好きが高じて、サンドウィッチライターになったサンドウィッチ狂い葉桜陽が、サンドウィッチ好きにおくる、サンドウィッチ好きによるサンドウィッチ好きのためのサンドウィッチブログ。

夜だってエッグベネディクトを食いたいじゃないか。

エッグベネディクトとは

f:id:warattemite:20200222133141j:plain

 エッグベネディクトという名のサンドウィッチがある。 「爽やかな朝」の代名詞と言ってもいいほど、優雅で華やかな暮らしを想わせるエッグベネディクト。その形は、とてもサンドウィッチとは思えない。実際、ほとんどの場合、手ではなくナイフとフォークを使って食べる。ちょっと特殊なサンドウィッチなのだ。

 

 サンドウィッチとは常に、気分に高揚を与える食べ物であるべきだと私は思う。見た目こそ特殊だが、その点で、エッグベネディクトは実にサンドウィッチらしい。今回は、そんなエッグベネディクトを「夜食」に食ってやりたいと思いついてしまった…。

 

ルーツ

 エッグベネディクトの発祥については諸説あるが、最も周知されている有力説は二つ。

 

 一つは、一九〇〇年頃、ニューヨーク市のデルモニコス(レストラン)で、毎週土曜の朝に来る常連客、ル・グラン・ベネディクト夫人がある日、「何か新しい変わったメニューはないの?」と支配人に訊ねたことを切っ掛けに、生み出されたとされる説。

 

 二つ目は、一八九四年にウォルドルフホテル(現ウォルドルフ・アストリア)に、二日酔いのレミュエル・ベネディクトが訪れた際、二日酔いを治すためにバタートースト、ポーチドエッグ、カリカリに焼いたベーコン、オランデーズソースを注文した。後にこの料理に感銘を受けた給仕長オスカー・チルキーが、トーストとベーコンを、イングリッシュマフィンとハムに替え、朝と昼のメニューに加えたことを始まりとする説。

 

 いずれの説も否定しきれず肯定もしきれないまま、百年以上決着がつかずにいる。が、少なくともエッグベネディクトとは、一九〇〇年頃、ニューヨーク市の飲食店でベネディクトという名の客を切っ掛けに作られた、朝食メニューであるということは確かなようだ。

 

夜のエッグベネディクトを作ってみた

f:id:warattemite:20200222124144j:plain

 …そう、エッグベネディクトは朝の食べ物なのだ。故に現在でも、エッグベネディクトを扱う店の殆どは、朝と昼限定のメニューとしている。人間誰しも天邪鬼。禁じられていることほどやりたくなってしまうもの。朝限定のサンドウィッチがあろうものなら、これを夜中に食べることに価値が生まれる! 

 

 というわけで、夜版エッグベネディクトを作ってみた。なに、簡単なこと。ハムの代わりに、肉百パーセントの食べ応えのあるジューシーハンバーグを使い、ほうれん草としめじのバター醤油炒めを加えて、ベビーリーフを散りばめれば夜のエッグベネディクトの完成。是非、罪悪感を味わいたい夜に、試してみてほしい。

 

レシピ(2人分)

材料

・イングリッシュマフィン 2つ

・バター 適量

・ベビーリーフ 適量

[ハンバーグ]

・牛豚合挽肉 180g

・オリーブオイル 少々

・塩コショウ 少々

[しめじとほうれん草のソテー]

・しめじ 適量

・ほうれん草 適量

・バター 10g

・醤油 小さじ2

[ポーチドエッグ]

・全卵 2つ

・酢 大さじ2

[オランデーズソース]

・卵黄 2つ

・バター 50g

・レモン汁 少々

・塩 適量

ホワイトペッパー 適量

 

作り方

[ハンバーグを作る]

1、牛豚合挽肉をボウルに入れ、塩コショウを振り、粘り気が強くなるまで捏ねる。

2、捏ねた肉を二等分し、円型に成形する。ハンバーグは焼くと小さくなるので、マフィンの直系よりやや大きいくらいの大きな円形にするとよい。

3、フライパンにオリーブオイルを少し敷いて温め、ハンバーグを焼く。

4、両面焼きあがったら、金網に移し余分な脂を切っておく。

 

[ポーチドエッグを作る]

1、鍋にお湯をたっぷり沸かし、沸騰したら火を止める。

2、熱湯に酢(白身を瞬時に固まらせる効果がある)を入れ、渦を作るようにかき混ぜる。

3、渦ができたら、その中心に全卵を落とし、2分半ほど待つ。

4、形が崩れないように取り出し、氷水で冷やしておく。

※ポーチドエッグは、必ず一つずつ作ること。

 

[オランデーズソースを作る]

1、ボウルにバターを入れレンジでよく溶かす。

2、別のボウル卵黄とレモン汁を入れ、お湯の入った鍋の蒸気で温めながらホイッパーで素早くかき混ぜる。色が白っぽくなり、とろみがついてきたら1のバターを何度かに分け、少しずつ加えて混ぜる。

3、最後に、塩とホワイトペッパーで味を調える。

 

[しめじとほうれん草のソテーを作る]

1、フライパンにバターを入れ温める。

2、しめじとほうれん草の茎部分を軽く炒め、醤油を加える。

3、ある程度費が通ったらほうれん草の葉の部分を加え、火を止め蓋をする。

4、ほうれん草の葉がしなってきたら完成。

 

[組み立てる]

1、イングリッシュマフィンを半分に切り、トーストする。

2、焼きあがったイングリッシュマフィンにバターを塗る。

3、土台となる方のイングリッシュマフィンに、ハンバーグ、ソテー、ポーチドエッグ、オランデーズソースの順にのせる。

4、ベビーリーフを適当に散らして、もう一方のイングリッシュマフィンを乗せれば完成。

 

 

f:id:warattemite:20200222132326j:plain

 

 それにしても、自分の名前が料理の名になり何百年も受け継がれるというのは、どんな気分がするものだろうか。尤も、そんなに長生きはできないけれど。然し、サンドウィッチ伯爵にしてもベネディクトさんにしても、きっと誇らしかっただろうな。